ジョージ・フロイド事件

IMG_05472
思索

アメリカで警察官が黒人男性を不当に殺害したことで大規模なデモが発生している。
根深い人種差別が根本的な原因だと思うが、原因は一つではないだろう。

自分が全ての原因を解明できるとは思わないし
アメリカに住んでいないどころか行ったこともないが
私が重要だと思う点を2つだけ挙げておく。

一つは社会全体の構造として富が集中しすぎていることだ
白人以外の人種が貧しく、十分な支援が行われていない
結果的に世代を超えて格差が固定化され貧しい家の子は貧しいまま
ただし白人は特権的に手厚い支援を受けられる。

黒人を始めとした多くの人種へ分け隔てなく幅広い支援を行う必要がある
国民皆保険制度の導入もその一つだろう。
貧しさは本人の努力不足だと言い張るのは無理がある

もう一つは銃の所持に対する規制が緩い事だ
日本でも先日銃で自殺を図った少年の家から50発もの弾丸が発見されてニュースになっていたが
市民が銃を持つことを憲法で保証されているアメリカでは持っていて当たり前の暴力という扱いだ。

そのせいでアメリカの警察官は日本とは比べものにならないほど強いストレスにさらされている
だから疑わしいだけで人を殺して良いというわけではないが
いつでも人を殺せるほど強力な暴力を簡単な手続きで入手できるのでは
いつ自分が殺されるかわからない恐怖から警官が必要の無い殺人を犯す原因になりうる。

銃や銃弾の所持をより厳しく規制する必要はあるだろう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。